合計:55551
今日:014
昨日:051

テレビ台

テレビにはテレビ台が付き物です。様々な種類のテレビが販売されていますが、それと同様にテレビ台も色々な種類があります。テレビの買い替えを機に、テレビ台のことも見直してみませんか?ここでは、その種類や選び方について紹介していくことにしましょう。

テレビ台のメリット

リビング風景

少数ながら、床の上に直接テレビを置いて使っている人も中にはいるでしょう。ですが、普通はテレビとテレビ台はセットで使うものですよね。テレビ台には、多くのメリットがあります。

もちろん、テレビを直接床に置かないので床が傷みませんし、画面の高さと目線がだいたい同じになることで、長時間観ていても疲れにくいです。さらに、DVDプレーヤーやスピーカーなど他のオーディオ機器もテレビ周辺にまとめることができます。そうすることで使い勝手がよくなるばかりか、部屋の片付けにも役立ちます。

テレビ台の種類

ELECOM TVスタンド WAGシリーズ W1050 低床隠しキャスター (ブラック) PDR-WAG1050BK

一口にテレビ台の種類と言っても、本当に様々な種類があります。どんな点を重視するかによって、選ぶテレビ台の種類も違ってきます。

高さ

普段、どういった体勢でテレビを観ることが多いですか?ソファーの上に寝転がったり、床にそのまま座ったり…人それぞれだと思います。
テレビ台にはロータイプ(高さ約30センチ)と、ミディアムタイプ(高さ約45センチ)があります。テレビ台に乗せた状態でテレビ画面を見上げるのではなく、視線が下にいく高さがいいです。

形状

室内を有効活用するために、隅にテレビを置きたい人もいるでしょう。その場合は、コーナーカットされたテレビ台がおすすめです。そのほか長方形や半円形といった形状のものもあるので、使い勝手やディスプレイデザインとの組み合わせなどに応じて、選ぶことができます。

デザイン

デザインとして、素材や色などによってもいくつかの種類に分けられます。自然な木目を生かしたもの、化粧繊維板にウレタン樹脂や塩化ビニル樹脂で表面加工したもの、ガラス製などがあります。色もブラウン、メタリック、ブラック、ホワイトなど…豊富です。ディスプレイの色や部屋全体とのバランスも考慮し、トータルデザインを目指しましょう。

テレビ台の選び方

みなさんが、テレビ台を選ぶときのポイントは何でしょうか?上記の点のほかに、選び方のポイントになることを挙げていきましょう。

視聴距離

薄型テレビの最適な視聴距離は、画面の高さ×3とされています。例えば、40インチテレビの画面の高さは49.8センチなので、49.8×3=149.4になり、最適視聴距離は149.4センチとなります。

対応サイズ

インターネットで購入する場合も直接お店で購入する場合も、“何インチまで可能”という表示があります。横幅にどのくらい余裕を持たせるかは、サイドスピーカーの有無や設置場所の広さなどを考慮して決めてください。

キャスター

配線やテレビの後ろを掃除するとき、苦労している人もいるのではないでしょうか。そんな人には、ストップボタンがあるキャスター付きのテレビ台が向いています!これなら自由に移動させることができて、動かさないときはストッパーをかけておくことができます。

Yahoo!ショッピングのおすすめ商品

Yahoo!オークションで商品を探す!

タイトル
現在価格
入札
終了時刻