合計:55551
今日:014
昨日:051

画面の明るさ

特に長時間テレビを見る場合、テレビ画面の明るさがとても重要なポイントになってきます。また、見る距離や部屋の明るさとのバランスも考えなければいけません。いずれにしても、目が疲れないような明るさのものを選んだり、あるいは調整する必要があります。ここでは、画面の明るさについて説明していきましょう。

お店と家では違う!

みなさんは、テレビに限らず何か家電製品を買おうと思って、お店で見たときの製品の明るさや色などが、家に持ち帰って見たときとは違うふうに感じたことはありませんか?それは、店内の照明と家の照明の明るさに大きな違いがあるからなのです。

ここに注意!

家のテレビ

たいていのお店では製品の色や形などがはっきりと分かるようにするため、一般の家に比べて照明が明るくなっています。そのうえ、テレビをはじめ、映像が流れるような製品を扱う家電量販店ではその映りをよく見せるため、画質モードが明るめに設定されていることが多いのです。なので、それをそのまま家に持ち帰り見てみると、明るすぎということに…。 では、テレビの購入時、画面の明るさに関してはどんなことに気をつければいいのでしょう?

確認は「標準モード」で!

一般的にテレビは「標準モード」で使います。店員さんに聞いてみて、もし違う設定になっているのであれば「標準モード」に切り替えてもらいましょう。これで、画面の明るさにも差が出ます。店内はもともと明るめの環境なので、少し見にくいかもしれませんが、家ではちょうどいい感じの明るさになりますよ。

設置環境を考える!

部屋の明るさ

このほか、テレビの設置場所にも考慮する必要があります。同じ家の中でも、部屋によって明るさが違ったりしますよね。どの部屋で使うかによっては、「標準モード」ではなく、「明るめモード」もほうが見やすい場合もあります。

設置環境を考えて、たとえば日の光が強く差し込むときは、カーテンを閉めるなどの工夫もしながら快適にテレビ鑑賞ができるようにしてください。

Yahoo!ショッピングのおすすめ商品

Yahoo!オークションで商品を探す!

タイトル
現在価格
入札
終了時刻