合計:55551
今日:014
昨日:051

三菱・REAL

三菱は、日本での大手電機メーカーに数えられます。映像機器に関しては、ブラウン管テレビの時代から独自の性能を持った製品を発売し、個性派と言われるようになりました。現在、その時代から好評を博していた機能を搭載した「REAL(リアル)」というブランド名の液晶テレビが発売されています。

三菱について

三菱は、正式名称を“三菱電機株式会社”といい、1921年に東京で創立した電機メーカーです。日立、東芝に次ぐ売り上げを誇り、家電のほか、主に重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイスといった分野で事業展開しています。三菱では生活家電や重電機から、人工衛星などまで実に様々な製品を製造・販売しています。

個性派の三菱!

わが道を行く…というような個性が三菱にはあります。1980年代に他社に先駆けて、大画面テレビを世に送り出しました。これをキッカケに、AV機器時代が始まったといっても過言ではないでしょう。以来、他とは違った独自の機能を搭載したテレビを続々と生み出してきました。今も三菱独自の製品コンセプトなどが、多くの人の心をとらえています。

REAL(リアル)の特徴

【エコポイント対象商品】 MITSUBISHI REAL 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ HDD320GB内蔵ブルーレイディスクレコーダー搭載 LCD-37BHR300

REAL(リアル)は、三菱から出ている液晶テレビやDVDレコーダー、BDレコーダーなどのAV機器のブランド名です。ブラウン管テレビ時代から人気の機能を多数開発し、それは液晶テレビに移行した今でも受け継がれています。REAL(リアル)には、どのような特徴があるのでしょう?

スリムなフレーム

REAL(リアル)の液晶テレビは、世界初と言われる約2センチのフレームを採用しています。こうすることでフレームにあまり目がいかず、映像に集中することができます。さらに、奥行きも10センチ以下とスリムな設計になっています。壁に寄せて使えるので、テレビまわりが広くなります。

グレアパネル

業界初のグレア(光沢処理)パネルも、REAL(リアル)の特徴の1つに挙げられます。液晶フィルム表面の凹凸をなくし、つややかな液晶画面を実現することに成功しました。これにより質感とともに、コントラストが大きく向上し、フルハイビジョンならではの魅力が引き出されるようになりました。

スピーカー

REAL(リアル)の液晶テレビについて説明する上で忘れてはいけないのが、ダイヤトーンというスピーカー機能!大画面テレビが普及してから、高画質だけではなく、高音質で映像を楽しみたいという人が増えています。

そんな声に応えて、新しいスピーカー機能搭載の液晶テレビが登場したのです。ただ、音が聞こえればいい…そんな時代はもう終わりました。これからは“音に酔いしれる”時代です!ダイヤトーンはお腹に響く迫力満点の重低音から、はっきりとクリアに聞こえる高音まで、臨場感溢れる音の世界を作り出しています。

Yahoo!ショッピングのおすすめ商品

Yahoo!オークションで商品を探す!

タイトル
現在価格
入札
終了時刻