合計:55551
今日:014
昨日:051

Panasonic・VIERA

Panasonic(パナソニック)は、世界でもトップクラスの総合家電メーカーとして知られています。VIERA(ビエラ)というブランドを持ち、「液晶テレビ」とともにプラズマテレビも製造・販売しています。Panasonic(パナソニック)の製品は、デジタル機器の分野に常に新しい風を運んでくれます。

Panasonic(パナソニック)について

Panasonic(パナソニック)は、1918年に大阪で「松下電気器具製作所」という名で創業したのが始まりです。ソケットやラジオなどの生産をしていくなか、1935年に「松下電器産業」に改組して、当時の松下電器(現・パナソニック電工)などを分社化しました。そのため、本格的な設立は1935年とされています。電機専業メーカーとして世界のトップを誇るようになり、2008年にはそれまでブランド名の1つだった“Panasonic(パナソニック)”に社名変更しました。

世界有数の巨大メーカー

現在Panasonic(パナソニック)は、“新・三種の神器”と呼ばれる薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーの製造・販売に力を入れています。独自の技術で世界展開を続け、経営再建中の同根企業を子会社にするなどし、今では世界有数の巨大メーカーへと成長しました。

VIERA(ビエラ)の特徴

【エコポイント対象商品】 Panasonic VIERA 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ TH-P37X1

VIERA(ビエラ)は、プラズマテレビや「液晶テレビ」、ワンセグ携帯電話のブランドとして登場し、テレビは2003年、携帯電話は2007年にそれぞれ発売されました。テレビに関しては、もちろん「液晶テレビ」も豊富ですが、より力を注いでいるのがプラズマテレビです。

高画質

「PEAKSプロセッサー」「PEAKSドライバー」「PEAKSパネル」を採用したことで、VIERA(ビエラ)はプラズマテレビ・「液晶テレビ」ともに高画質を実現することに成功しました。また、シーンに応じて効果的にノイズを減らすようにしたことも、クリアなハイビジョン映像の鍵となっています。

録画機能

VIERA(ビエラ)の魅力と言えば、様々な録画機能が挙げられるでしょう。どのシリーズも独自の操作ツールによって、誰でも簡単に見たい番組の情報をチェックしたり、録画予約をすることができます。また、好きなジャンルを指定するだけで自動的に録画してくれる機能や、「番組キープ機能」など、便利な機能がたくさん搭載されています。

リンク機能

「薄型テレビ」にはもうお馴染みとなっている「リンク機能」。なかでもPanasonic(パナソニック)のVIERA(ビエラ)の「リンク機能」は、他に先駆けて誕生しました。AV機器という枠を超えて、YouTubeなどの新しいコンテンツにまで広がっています。こうして、テレビの楽しさが増えているのです!今後は、この機能は生活家電にもつながり、より便利になっていくことが期待されます。

Yahoo!ショッピングのおすすめ商品

Yahoo!オークションで商品を探す!

タイトル
現在価格
入札
終了時刻