合計:56493
今日:013
昨日:031

SONY・BRAVIA

SONY(ソニー)は、世界有数のブランドを持つ電子機器・電機メーカーとして知られています。電子工学やエンターテインメント、金融、流通の分野など幅広く手がけていますが、その中でもAV機器に関しては、BRAVIA(ブラビア)というブランド名の液晶テレビが有名です。

SONY(ソニー)について

SONY(ソニー)は、1946年に東京で創業した大手電子機器・電機メーカーです。“ソニーグループ”と呼ばれる企業グループの中核で、エレクトロニクス、ゲーム、音楽、映画、金融などの事業を幅広く展開しています。

SONY(ソニー)の大きな特徴として、独自規格に対する強いこだわりが挙げられます。そのこだわりがあまりにも強すぎて、結局は失敗に終わったことも少なくありません。

技術のSONY(ソニー)

SONY(ソニー)と言ったら、ウォークマンを思い浮かべる人も多いでしょう。トランジスタラジオ・テレビ、トリニトロン方式のテレビやウォークマンなどを世に送り出しています。その時代、時代でそれまで誰も考えつかなかった新しい技術に着目し、様々な製品を製造・販売しています。そういった面から、“技術のSONY(ソニー)”と評されています。

BRAVIA(ブラビア)の特徴

【エコポイント対象商品】 SONY BRAVIA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ W5シリーズ 40V型 KDL-40W5

SONY(ソニー)のBRAVIA(ブラビア)は、WEGA(ベガ)という以前のブランドが変更され、2005年に誕生しました。BRAVIA(ブラビア)のテレビに使われている液晶パネルは、韓国最大の企業とされるサムスン電子との合弁会社で生産されています。これによって、短期間で「液晶テレビ」を製造・販売することができるようになりました。

4倍速

テレビコマーシャルでも話題の「モーションフロー4倍速240コマ」は、BRAVIA(ブラビア)の大きな特徴の1つと言えます。この機能は、普通の製品の4倍速で映像を映し出します。コマ数を増やすことで、速い動きがぼやける「液晶テレビ」のデメリットを改善しました。

省エネ

他社が続々と省エネ機能搭載の液晶テレビを発売している中、BRAVIA(ブラビア)も例外ではありません。主電源をつけたままで省エネを実現する機能のほか、人の気配を感じなくなると、自動で節電する「人感センサー」を搭載しているシリーズもあります。

インターネットにも強い

テレビを観ながら天気予報、運勢などの気になる情報をチェックしたり、アクトビラ(デジタルテレビ向けのコンテンツを配信する有料ポータルサービス)を利用できる…というように、インターネット接続もできます。

さらに、GPSを用いた画像の撮影位置情報表示やDLNA(パソコンや情報家電、AV機器などを面倒な設定を行わず相互接続するためのガイドライン)機能など便利な機能が付いていることも注目すべき特徴ではないでしょうか。

Yahoo!ショッピングのおすすめ商品

Yahoo!オークションで商品を探す!

タイトル
現在価格
入札
終了時刻